通信制看護学生LIFE

How to enjoy nursing student life@kobe-tokiwa

計画の立て方 ③停滞期は必ずある

前回のblogをUPしてから随分経ちました。

前回は国試のことについてもう少し書いていくと表明しましたが。

通信制看護学生生活について書いていた続きの記事も書いていこうと思います。

 

今日は「計画の立て方③停滞期は必ずある」についてです。

 

停滞期とは

勉強していると「停滞期」というのが必ず存在します。

停滞期とは文字通り勉強が停滞する時期のこと。

一つの区切りがついたときに停滞期になりやすく、私も数回陥りました。

 

1年次は

・概論スクーリング(春スクーリング)が全て終了した後

・基礎・看護マネジメント実習の履修が決定した後

2年次は

・各論実習の履修が決定した後

・各論実習が終了した後

何かの「後」に停滞することが多かったですが、

レポートの不合格などで落ち込んで停滞期に陥ることはなかったです。

 

停滞期になると…

停滞期になるとどうなるのかというと、私の場合ですと新規(もしくは再提出)のレポートを1科目も提出せず、修了試験も受験しないといったようなことがありました。

 

2年次になると、やはり実習までになるべく多くの単位を取得しておきたいという思いから、1科目も提出しないということはありませんでしたが。

それでも「あー、今停滞期だな」と思うくらい勉強が進まないことがありました。

 

停滞期からの脱出方法

卒業までを俯瞰で捉えておくことが必要です。

停滞期は決して悪いことではなくて、必ずついてくるオプションのようなものだととらえておくと慌てなくて済むかもしれません。

そして停滞期になったからといって、慌てて何とかしようとしないこと。

 

卒業までを遠泳やマラソンと考えると分かりやすいでしょうか。

泳ぐのがしんどくなる時もあるし、走るのがしんどくなることもあります。

そういう時に頑張らなきゃと泳ぎ続けると疲れ果てて溺れてしまうでしょうし。

頑張るためにペースアップして走り続けてもリタイヤするでしょう。

 

 

そういう時は、あーまだ途中だし。また〇km地点だし。

今ちょうど疲れて気が抜けてきたところだなと客観視します。

 

流れに逆らわず、身体の力を抜いて身を任せてみる。

「あー、今停滞期でちょっと気が抜けちゃったんだね」みたいに。

 

でも期間は決めます。

「よし、3日は気持ちのリフレッシュも兼ねてお休みする」

「1週間だけ何もしない。でも1週間後には1Pでも本を読む」とか。

 

期限を決めないと、本当にそのままフェードアウトしてしまう可能性もあるので

自分の中で期限を決めておくのは大事です。

また、期限がきたら必ず(10分でもいいので)勉強します。

少しずつ勉強時間を増やしたりするのもいいかもしれません。

 

脱却する方法は人それぞれなので、自分に合う方法を探すといいと思います。

 

とにかく2年先(もしくは3年、4年)をゴールに設定して

自分の力でゴールテープを切るには?と考えて計画を立てるといいと思います。