通信制看護学生LIFE

How to enjoy nursing student life@kobe-tokiwa

国試対策のこと

国試対策・勉強方法についてもう少し詳細に書いていこうと思います。

 

通信制課程の既卒者の国試合格率は30%台だと聞いたことがあります。

 

大学あるいは学校に籍があるうちは、いい意味でも(悪い意味でも)常にプレッシャーがあり、勉強しなければならない環境があります。

 

スクーリングが終了し、しばらくは大学に行くことがなくなっても、進捗状況(単位認定数等)を知らせる用紙が届きます。

スクーリングが終わっても、毎月レポートの締め切り、修了試験があります。

基礎・看護マネジメント実習、それが終われば各論実習、それが終われば卒業認定、国家試験…と、常にお尻を叩いてくれる何かがあります。

 

しかし、一度卒業してしまうと

プレッシャーや勉強しなければならない強制的な環境は極端に少なくなります。

 

不合格となり、来年の国試に対する不安はあっても、

レポートの締め切りのように毎月追われるものではありません。

国試は年1回の開催なので、1年かけて国試対策しようとなるでしょう。

勉強しなければならない強制的な環境やプレッシャーが極端に少なくなるため、勉強の時間はよほど意識しないと困難な可能性があります。

「1年あるから、今日1日勉強しなくても大丈夫。明日は頑張ろう」となりやすい気がするからです。

また准看護師の資格があり就職先もある人がほとんどなので、仕事時間は従来どおり。

すると、ますます勉強時間の確保が厳しくなる。

 

その結果が30%台という低い合格率ではないかと推察できます。

 

不合格だった人も来年初受験の人にも参考になればと思うことがあったので、

以前にUPした国試対策の内容と重なる部分もあるけれど勝手にUPしていきます(笑)