通信制看護学生LIFE

How to enjoy nursing student life@kobe-tokiwa

国試前の不安 ⑤何度見ても覚えられない

最後の⑤を忘れていました。

「何度見ても覚えられない」という不安に対してです。

 

私の場合、脳神経、内分泌でこの状況に陥りました。何度見ても覚えられないのです。

自分で冷静に考えてみると、要因が2つありました。

 

その1 苦手だと思いすぎる

脳神経の問題が出題されたとき、もうそれだけで「あー分からない」と思ってしまっていました。パブロフの犬状態です。

脳神経=苦手という図式が出来上がっていました。

 

「苦手である」ということに意識が向いていたため、なぜ苦手だとおもうのか、じゃあどうすれば覚えられるだろう?という前向きな思考ならなかったため、何度見ても覚えられないという結果になっていました。

 

対策:掘り下げる

これに関しては他の勉強の時と同じで、自分が何を苦手だと思っているのかを徹底的に掘り下げました。

・そもそも脳神経の分類がよくわかっていない

・12対覚えられていない(それぞれの神経の働きも覚えられていない)

・障害された時の症状が覚えられない

…と、細かく砕いていきました

で細かくみていると、あることに気がつきます。

それは、なぜ脳神経を覚えないといけないのかという疑問です。

 

看護をするとき、その人の脳の損傷部位から起こる機能障害に対して看護をします。

この部位が障害されているから、こういう症状(麻痺等)が出るだろう、

だからそのことにより転倒してケガをしたりしないよう看護する

自立して生活できるよう、できない部分を介助する

過剰な援助にならないために、患者さんができること、できないことをアセスメントする必要がある。

解剖生理を学ぶのは全て看護のため。脳神経を理解することと看護に結びつけられていないから、なかなか覚えられないのだなと思いました。

その2 覚えようとしていない

レポートのために指定図書を読み、要点やキーワードを書き出し、まとめました。

ある程度完成したのでその場で目を閉じて、まとめた内容を思い出そうとしてみると、

全く思い出せないことがありました。

これは、まとめることで勉強していると満足していて、覚えようとはしていなかったからだなと思いました。

このことに気づいて、ノートやWordに綺麗にまとめることにあまり意味はなく、

覚えようと意識することが必要なのではないかと思う様になりました。

 

対策:目を閉じて復唱する

まとめなくても教科書に書いてあるので、重要だと思うところにラインを引く。

その部分を読む→目を閉じる→自分でそのことを問う問題をだして答えられるか?

堪えられない→覚えていない→その部分をもう一度読む

これの繰り返しで覚えました。

 

例えば脱水の種類を書いている部分を読む。読んでいると分かったような気がします。なるほどなと思います。

でもいざ目を閉じて、例えば「じゃあ低張性脱水とは?」と問うのです。

本を見ないと、定義などをきちんと答えらないことの多いこと。

こうやって自分でストレスをかけて覚えていきました。

 

もちろん書いて覚えたこともたくさんあります。

それは図です。特に解剖。これはイラストを簡単にでもいいので書くことで覚えました。

 

それと、やはり目にする回数は増やすことです。

RB(レビューブック)で何度も脳神経や内分泌を見ていると、

ある時ふと「あ!これってこういうことが」と分かるときがあります。

毎回そうなるのではないので「棚からぼた餅」的ですが、こういうこともあるので回数を増やすことはお勧めです。