通信制看護学生LIFE

How to enjoy nursing student life@kobe-tokiwa

国試前の不安 ④どの分野から解いていけばいいのか迷う

分野については私もどこから解いていったらいいのか、

解きながらも他の分野を優先させた方がいいのかと迷った時期がありました。

 

でも、間違いなく優先させたのは

「必修レベルの問題」と「暗記」の分野です。

 

QB必修の過去問集は11月には全て完璧に仕上げました。

(他の解答の選択肢の間違いも指摘できる)

そこからは追加でRBの【健康支援と社会保障制度】を重点的に行ったのと、

出題傾向がよく似ている予想問題集を購入して解いていました。

 

必修をクリアしないことには国試合格はないので、

必修レベルの問題は先に始めました。

 

もう一つは暗記問題。

 

これは【健康支援と社会保障問題】で出てくる、統計などの数字、法律などです。

覚えていないと解けない問題は、早めに取り掛かり、何度も何度も繰り返して

無理なく覚えるようにしました。

 

この分野は先にやっておくほど、気分的にも楽になったなと思います。

実はこの【健康支援と社会保障問題】は2年(=最終学年)の4月から単語帳を利用したりとこつこつやったので、正直全く焦ることはなかったです。

 

ただ、過去問で問われたことがそのまま本番で問われることは少ないと思い、

予想問題や模試で問われた内容も追加して覚えました。

とんちんかんな内容を覚えてしまっても困るので、模試を中心に

予想問題集も内容を検討して、国試に近いレベルのものにして覚えました。

 

そのほかの分野は

勤務経験もあったので(急性期でいろいろやっていた)、基礎看護学はさらっと流すくらいで大丈夫でした。

 

あとは自分の苦手分野(これが出たらフリーズする的な)と得意分野(これが出たらラッキー)というのを交互にやっていました。

 

得意分野は忘れないようにするために、さらっとやる(読み返すとか)程度でした。

 

苦手分野はやはり解剖まで落とし込んでいくので、時間がかかります。

分からないことが分かるとすっきりするのですが、疲労度も上がります。

 

あまり連続してやりすぎると、勉強そのものが楽しくなくなるので、

ちょっとチェイサーくらいの感じで得意分野の勉強を入れていきました。