通信制看護学生LIFE

How to enjoy nursing student life@kobe-tokiwa

国試前の不安 ③前は解けた問題を間違える

過去問を解くときには簡単に印をつけておきます。

 

私が実行したのは

〇:確実に解ける(他の選択肢の間違いも指摘できる)

△:迷ったけど正解(他の選択肢で分からないところがある)

✕:間違えた

この3つを問題につけていきました。

 

5段階に分ける方法もあります。

◎:確実に解ける(他の選択肢の間違いも正確にわかる)

〇:解ける(正解を選択できたが、他の選択肢の間違いは分からないところがある)

△:迷ったが正解した

▲:選択に迷い、間違えた

✕:正解が分からない

 

私は簡単である前者の方法を取り入れました。

で、問題を解いていくと最初は〇なんてほとんどないわけです。

自信もないのでおのずと△が多くなります。

 

3回目くらいになると、もはや解答を覚えてしまいほぼ〇になってきます。

 

それでも、苦手な問題というのがあるのです。

前は解けたと思い、〇にしていても時間を置いて再度解いてみると間違えるなんてよくあります。

 

そういう問題に遭遇した時、

まずは冷静に「なぜ間違たのか」を分析しました。

 

勘違い

文章の読み間違い

文章の捉え方の間違い

理解できていなかった

前回はなんとなくわかっているつもりだった

間違えて暗記していた

等、色々原因がわかってきます。

 

原因を冷静に分析してみる。

そうすればその問題を解く方法が分かるだけでなく

今後他の問題を解くときにも十分活用できます。

 

私は捉え間違いが良くありました。

さらっと問題を読んで、勝手に「こういうことが問われている」と思い込み、

選択して間違える。

(例:「間違っているのはどれか」なのに正解を選択したとか)

よくよく問題を読むと、ああ、間違えてた みたいな。

 

なので、問題を読むときに意識して最後まで読むようになりました。

 

 

一度解けた問題を間違えた時

「うわー、覚えられてない、理解できていない」と落ち込んでしまいがちですが、

こういう問題に遭遇した時ほど実はラッキーなのです。

 

「今の時期(=本番前)に気づくことができてよかったー。」

と思うことで、勉強も前向きに進めていくことができました。